ストーブ導入をお考えの方へ
工務店の皆さまへ

Before introducing the stove

ストーブ選びは「設計前の相談が鍵!」

最近の住宅は「高気密住宅」、そして、「第三種換気」が主流ですが、ストーブライフを楽しみたいと思うと、どちらも大きなハードルになります。
そのことを知らずに家を建て、建てた後にストーブを導入を検討して、「選択肢が狭まってしまった」、「思う所に設置できずに断念した」という例を数多く見てきました。

エコレットカンパニーでは、快適なストーブライフを楽しんでいただくために、多くのみなさまに、ストーブ選びは「設計前の相談が鍵!」であることを知っていただきたいと願っています。

■ストーブの選び方

一昔前とちがい、いまは日本の住宅事情に合わせたペレットストーブも増えてきました。
海外とは違い、「高気密住宅」かつ「敷地面積が狭い」のが日本の住宅です。
部屋の面積が狭く、さらに高気密であれば、海外のような大きな暖房能力を持つストーブ必要としないのです。
“暖める面積”と“どんな使い方”を望むのかに合わせたストーブ選びが重要です。

■ストーブ設置

選んだストーブを、設置する場所に合わせて排気口を空けます。
部屋に管をはわせたくなければ、壁際を選ぶ方が多いでしょう。
“どこに設置するのが一番暖房効率が良いか”、“インテリアとしても不自然じゃないか”など、検討事項が出てきます。
1台で全館暖房をしたいと考えるなら、ボイラー工事も含めてどんな家づくりにしておくと良いのか、家づくりの際の設計が重要となります。

■「第一種換気」と「第三種換気」

  • ・火のある暮らしを楽しみたいから薪ストーブを設置したい
  • ・薪もペレットも使えるハイブリッドストーブが良い
  • ・停電時も安心の無電源ストーブが良い

などの、ご要望がある場合は、「第三種換気」で建ててしまうと、室内負圧になるため、導入できないケースがあります。
こういったご要望をお持ちの場合は、「第一種換気」で建てることをオススメしています。

ストーブ導入を考えて家づくりをする場合、設計前の検討が、工事効率も良く、ランニングコストも抑えることができるのです。
そのため、ストーブ選びは『設計前の相談が鍵!』となるのです。

設計後に残念な思いをすることなく、“夢のマイホーム&ストーブライフ”を実現。
そのためには、家づくりとセットでストーブ選びを行いましょう。
エコレットカンパニーでは、「家づくりの専門家」と提携もしています。

■工務店・薪ストーブ専門店のみなさまへ

施主様から薪ストーブやペレットストーブ設置のご要望があり、お困りになられている工務店のみなさま、お気軽にご相談ください。
暖房効率よく、そして、一年をとおして飽きのこない最適な設置スタイルをご提案いたします。

また、高気密住宅でも薪ストーブの設置が可能になる強制排気ファン『ASPIRATORE(アスピレーター)』を取り扱っております。
どのメーカーの薪ストーブ・暖炉にも取り付けが可能です。
お困りの際はお気軽にご相談ください。

見学・体験は Showroom
ディアーノいいやまへ(完全予約制)